オオバギボウシ

d0091147_2025395.jpg

           大葉擬宝珠(ユリ科)
               原産地 : 日本
               多年草(宿根草)・ハーブ・野菜類
     
     和名の 「ギボウシ」 は橋の欄干の擬宝珠(ギボシ・ギボウシュ)のことで、
           花のつぼみの形が似ることからです。

     春、芽が出たての若葉(葉が広がりっきっていないもの)をアク抜きせずに、
     汁の実や、天ぷらなどで・・・・・。
     サットゆでた後水に浸けて(3~5分程度)アク抜きをして、白あえ・酢みそ・
     辛しあえ・醤油(かつおぶしをかけて)等色々な味付けで・・・・。

     擬宝珠がハーブ・野菜類とは?何処の庭にもたいてい植えてありましたね~
     竹の子みたいな、小さな芽が沢山でて、1週間位で渦巻き状の葉になるのを
     覚えているのですが、食べた事はありませんでした。
[PR]

by kidpalette | 2007-08-18 21:09 | 水彩画

<<     サフ...               ヒメヒオ... >>